[ System Maintenance Notice ]

Due to system maintenance, our webshop will be temporarily unavailable.
Maintenance scheduled as follows.

from 6:00 p.m. on Friday June 21, to 10:00 a.m. on Sunday June 24 (Japan time)

We apologize in advance for any inconvenience this may cause.

JAMES TAYLOR / JT (SACD/CD) / ジェイムス・テイラー 『JT』 [SSVS-003]

Price: JPY3,500

Stock:Available
Quantity:

Item description

■発売日:2018年11月15日
■型番:SSVS-003
■JAN:4571177051530
Stereo Sound Exclusive Sales Item (Also at some selected audio-shops)


 1977年にリリースされたジェイムス・テイラーの8作目が、SACD/CDハイブリッド盤で登場します。長らく在籍していたワーナーからコロムビアに移籍後の第1弾となる本作は、プロデューサーに久々にピーター・アッシャーを迎え制作されました。中核メンバーはダニー・コーチマー(ギター)、リーランド・スカラー(ベース)、ラス・カンケル(ドラム)といった腕利きたち。名門スタジオとして知られるサウンド・ファクトリーで録音・ミックスされた音は、楽器の細やかなニュアンスまでがクリアーに捉えられ、奥行きのある音像が立ち現われます。彼の声は浸透力が高く、テンポの速い曲からバラードまで、総じて穏やかに耳へと届けられます。本作は脇の締まった演奏に加え、リンダ・ロンシュタット、カーリー・サイモンらの好サポートぶりも手伝い、ジェイムス・テイラーのシンガー・ソングライターとしての才能が存分に味わえる仕上がりです。整ったオーディオシステムで聴き込むほど、洗練されたサウンド・デザインが享受できます。

 今回のSACD/CDハイブリッド盤は、日本に長期間保管されていたアナログマスターテープから、ソニー・ミュージックスタジオの鈴木浩二氏がリマスタリングを手掛けています。高橋健太郎氏による新規ライナーノートでは、本作が制作されたスタジオやスタッフらの解説、本盤の聴き処などが明らかにされています。なお、SACD化は日本初となります。

収録曲

1. Your Smiling Face
きみの笑顔

2. There We Are
ゼア・ウイ・アー

3. Honny Don't L.A.
ハニー・ドント・リーヴ・L.A.

4. Another Grey Morning
悲しい朝

5. Bartender's Blues
バーテンダーズ・ブルース

6. Secret O' Life
人生の秘密

7. Handy Man
ハンディ・マン

8. I Was Only Telling A Lie
嘘をついただけ

9. Looking For Love On Broadway
愛をさがしてブロードウェイ

10. Terra Nova
テラ・ノヴァ

11. Traffic Jam
トラフィック・ジャム

12. If I Keep My Heart Out Of Sight
ハートを隠せば


■ディスク形態:SACD/CDハイブリッド盤(SACD層はステレオのみ)
■音匠レーベルコート採用

※ステレオサウンド社独占販売品です。お求めは、ステレオサウンドストアおよび全国の有名オーディオショップをご利用ください。また、生産数限定商品のため、売り切れの際は何卒ご容赦ください。