[Japan Post] Resumption and temporary suspension of acceptance, delivery delays of mail items destined to various countries/territories (Updated on June 30)

Our acceptance of various international mail items has been temporarily suspended due to the novel coronavirus pandemic.
Meanwhile, we will resume acceptance of mail items as noted below from July 1.

  • EMS and parcel-post/letter-post items by surface destined to China
  • EMS and parcel-post/letter-post items by air destined to Italy and New Zealand
  • Parcel- post/letter-post items by surface destined to Indonesia
  • For details on the countries and territories to which acceptance of mail is still temporarily suspended as of July 1, please see the appendix below (PDF).

    appendix (As of July 1, 2020) (PDF file)

    We continue to temporarily suspend acceptance of mail items destined to these countries and territories because their postal operators are still not accepting inbound postal items and/or our transportation performance remains significantly reduced due to reduction of flights from/to Japan.
    Meanwhile, although dispatch of United States-bound items that have already been accepted will be completed soon, we continue to temporarily suspend acceptance of various mail items to the United States because we are unable to make any prospect for securing sufficient transportation capability for the time being.
    In addition, because of the global reduction of flights, considerable delivery delays are expected for accepted outbound mail items.
    We sincerely apologize for the inconvenience. It would be appreciated if you would kindly understand this situation in advance.

    MIXER’S LAB SOUND SERIES Vol.1 (2LP) (アナログレコード2枚組) [SSAR-007/8(MLJR-001/2)]

    MIXER’S LAB SOUND SERIES Vol.1 (2LP) (アナログレコード2枚組) [SSAR-007/8(MLJR-001/2)]

    Price: JPY10,000

    Quantity:

    Item description

    Specifications
    No. of discs: 2
    33 1/3rpm / 180g LP
    Limited Press

    Stereo Sound Exclusive Sales Item (Also at some selected audio-shops)


     

    ミキサーズ ラボによるビッグバンド・シリーズ、待望のアナログ・ディスク化!
    384kHz/32bit スタジオマスター・ダイレクトカッティング

    ■ビッグバンドシリーズSACDの音をアナログ盤で聴きたい!
    今回ステレオサウンドが新たにお届けする「アナログレコードコレクション」は、当社が発売してきた「石川さゆり盤」の制作にご協力くださった、日本を代表する音作りのプロ集団、株式会社ミキサーズ・ラボ会長の内沼映二氏が録音を手がけた「ビッグバンドシリーズのSACDをアナログ盤で聴いてみたい!」、という想いから実現しました。

    ■なぜ384kHz32bitデジタルマスターからアナログレコードを作ったのか
    この「MIXER'S LAB SOUND SERIES Vol.1」では、2006年〜2015年にかけて発売された「BIG BANDシリーズ」3作品の中から、日本プロ音楽録音賞最優秀賞を受賞した3曲を含む全10曲を、内沼氏がマルチchマスターから再度ミキシングしました。

    そして、ミックスダウンマスター音源のフォーマット選定にあたっては、アナログ・ハーフインチ・マスターテープと、ハイレゾ・デジタルマスターの音を徹底比較試聴。

    結果、この楽曲の持つ音楽性と圧倒的な低域の躍動感において、384kHz32bitデジタルマスターに軍配があがり、従来はアナログテープをマスターとして採用してきたところ、今回のレコーディング曲においては、デジタルマスターを採用することとなりました。

    ■贅を尽くした究極のアナログ盤「ビッグ・バンド・サウンド」の生々しさを極限までお楽しみください
    ここまで徹底して音に拘った本作品のアナログ・カッティングは、音の良い外周のみを使用。更にプレスはメタルマスターからダイレクトにプレスしております。

    ステレオサウンドが自信をもってお届けするアナログレコードコレクションのサウンドをお楽しみください。


     

    収録曲

    [DISC 1]
    SIDE A
    1. タキシード・ジャンクション
    Tuxedo Junction
    トロンボーン奏者で、とてもポピュラーなビッグ・バンド・リーダー、グレン・ミラーが率いるグレン・ミラー楽団のナンバー。ブルージーなサックスアンサンブルやミュートトランペット・ソロなど、グレン・ミラー楽団には無い味を醸し出している。

    2. 茶色の小瓶
    Little Brown Jug
    [Solo:T.Sax Yuji Kawamura, Tp Yuki Urata, Pf Yuichi Inoue]
    アメリカの古い民謡をもとに、グレン・ミラー楽団のアレンジャー、ビル・フィネガンが編曲し1939年に発売された、バンド初期のヒット・ナンバー。イントロの掛け声、サックス、トロンボーン各セクションのアンサンブルやピアノ・ソロはツノケンバンドならでは。

    3. イン・ザ・ムード
    In The Mood
    [Solo:T.Sax Yuji Kawamura, T.Sax Hideki kawamura, Tp Yuki Urata]

    1939年、アンディ・ラザフとジョー・ガーランドが書いたグレン・ミラー楽団の代表曲。ユーモアの感覚に溢れた楽しい曲で、アレンジの妙が光る。

    SIDE B
    1. オール・オブ・ミー
    All Of Me
    [Solo:VibTakashi Ooi]

    数多くのアーティストによりカヴァーされているスタンダード・ナンバー。多くはボーカル曲として愛されているこのナンバーを、今回はカウント・ベイシー楽団のアレンジにビブラフォンのソロでお送りします。フワリと漂うビブラフォンのメロディから炸裂するブラス・セクションのギャップに、思わず仰け反ります。

    2. エアメイル・スペシャル
    Air Mail Special
    [Solo:ASax MALTA, Tb Hideaki Nakaji, Tp Ryuichi Takase, Pf Yuichi Inoue, Dr Taro Koyama]
    ジャズ・ビブラフォンの創始者ライオネル・ハンプトンの楽団で、当時MALTAがプレイしていた代表的なナンバーのひとつ。今回は更に勢いを増したセクションプレイが圧巻。

    [DISC 2]
    SIDE C
    1. 地下室のメロディー
    Melodie en sous-sol
    [Solo:A.Sax Masaki Kayo, Tp Yasushi Miyamoto・Tetsuya Tanaka]
    1963年公開のフランス映画「地下室のメロディー」の主題歌。あの印象的なメロディーをストリングス・セクションが優雅に奏でます。それとは対照的な押しの強いブラス&ホーン・セクションとのコントラストが絶妙です。
    (Strings:クラッシャー木村ストリングス)

    2. ジャンピン・アット・ザ・ウッドサイド
    Jumpin' At The Woodside
    [Solo:Tp Yasushi Miyamoto, T.Sax Yuji Kawamura, T.Sax Hideki kawamura]

    カウント・ベイシー楽団の代表的ジャンプ・ナンバーとして有名。テーマのサビに出てくるトロンボーン、トランペットのアンサンブルが面白い。

    3. 我が心のジョージア
    Georgia On My Mind
    [Solo:A.Sax MALTA, Gt. Yoshiaki Miyanoue]
    ブルージーなメロディのボギー・カーマイケルが書いたジャズのスタンダード・ナンバー。MALTAの唄心溢れるプレイをじっくりと堪能して欲しい。

    SIDE D
    1. A列車で行こう
    Take The “A” Train
    [Solo:T.Sax Yuji Kawamura, Tp Yasushi Miyamoto, Cl Naoki Suzuki, Tb Kenichi Tsunoda]
    1941年以後、デューク・エリントン楽団のテーマとなった軽快なスイング・ナンバー。「A列車」とは、ニューヨークの地下鉄8番街線のことで、“ハーレムのシュガー・ヒルに行くならA列車に限る…”という楽しい曲。各楽器のソロやユニゾンのアンサンブルは、原曲には無い良い味を出している。

    2. スプランキー
    Splanky
    [Solo:T.Sax Hideki kawamura, Tp Yasushi Miyamoto]
    ピアニスト、カウント・ベイシー率いるカウント・ベイシー楽団の人気曲。カウント・ベイシーの“カウント”とは“伯爵”という意味。今回のアレンジでは、原曲に無いサックスアンサンブルを加え、一味違う雰囲気は必聴。


     

    Specifications
    演奏者名: Kenichi Tsunoda Big Band
    型番: SSAR-007〜8(MLJR-001〜2)
    ●33回転 限定重量盤 180g