「アーリー大瀧詠一」 [CD+DVD-ROM(192kHz/24bit・WAVファイル収録)] [SSPD-001/002 (2枚組)]

Price: JPY8,000

Stock:Available
Quantity:

Item description

著者名/演奏者名: 大瀧詠一
型番: SSPD-001/002(2枚組)

本邦初の大瀧詠一ハイレゾ化! 1982年にアナログLPとしてリリースされたベスト盤をオリジナル・アナログ・マスターテープから復刻した限定盤。

※CD及びDVD-ROMは対応プレーヤーでお楽しみ下さい。DVD-ROMのデジタル・ファイルはパソコンを使用した上で、対応機器(USB DACなど)でもお楽しみ頂けます。なお、本作品に映像コンテンツは収録されておりません。

本作品の再生方法については当ページ【『アーリー大瀧詠一』の聴き方】をご参照ください。

本邦初! 大瀧詠一ハイレゾ化を実現!!

従来のコピーマスターとは異なる
正真正銘のオリジナル・アナログ・マスターテープから
復刻した限定盤

 2013年末、惜しくも他界した大瀧詠一。彼が生前、様々なアーティストに作曲家として提供してきた楽曲、またプロデューサーとして手掛けたアーティストの数々は、多くの聞き手を魅了してきた。いっぽう、一人のアーティストとして大瀧詠一が遺してきた音楽は、日本におけるポピュラー分野を牽引してきたと言っても過言ではない。今回、弊社がお届けするHigh Resolution Master Sound『アーリー大瀧詠一』は、1982年12月21日にアナログLPとしてリリースされたベスト盤を完全ハイレゾ化したものだ。収録曲はシングル「空飛ぶくじら」「恋の汽車ポッポ(第1部)」、はっぴいえんどがロサンゼルスで録音を敢行したアルバム『HAPPY END』から「外はいい天気だよ」「田舎道」の2曲、ソロ・アルバム『大瀧詠一』から「指切り」「びんぼう」「乱れ髪」「あつさのせい」の4曲、そしてはっぴいえんどの『ライヴ!! はっぴいえんど』から「空飛ぶウララカサイダー」「ココナツ・ホリディ」の2曲という全10曲構成だ。

 これまで『アーリー大瀧詠一』は繰り返しCDとLPで再発されてきたが、それらはオリジナルLPの制作時に編集されたコピーマスターから作られてきた。今回の復刻に際しては、そのコピーマスターでななく、オリジナル・アナログ・マスターテープにまで遡りリマスタリングを施した。ベスト盤の再発は通常、手間を省くためコピーマスターから起こされるケースが大半だが、今回の復刻では音質を最優先すべく全曲オリジナル・アナログ・マスターテープを使用している。この『アーリー大瀧詠一』は、計5本のオリジナル・アナログ・マスターテープから制作し直したものである。

 今回、『アーリー大瀧詠一』の制作監修をお願いした和田博巳さんは、オーディオ評論家として弊社刊行物の読者の方々にはお馴染みだろう。加えて1970年代初頭から、はちみつぱいのベーシストとしてのキャリアも持つ。

 本作は2016年4月上旬、和田博巳さん立ち会いの下、キング関口台スタジオに於いてCDとハイレゾ・ファイル用に個別にリマスタリングを施した。DVD-ROMには192kHz/24ビットWAVのハイレゾ・ファイルが収録されており、大瀧詠一名義としては本邦初のハイレゾ化を実現したことになる。1970年代初頭の空気感が内包されたオリジナル・アナログ・マスターテープの持ち味がストレートに追体験できる。従来のリマスターCDや復刻LPとは明らかに肌合いの異なる『アーリー大瀧詠一』本来の音が楽しめる。深淵なるアナログ・レコーディングの音の世界をぜひとも体感して欲しい。

収録曲

1.空飛ぶくじら
2.恋の汽車ポッポ(第1部)
3.外はいい天気だよ
4.田舎道
5.指切り
6.びんぼう
7.乱れ髪
8.あつさのせい
9.空飛ぶウララカサイダー
10.ココナツ・ホリディ

■品番:SSPD-001/002
■CD+DVD-ROM(192kHz/24ビットWAV)
■オリジナル:1982年12月21日発売

制作・発売 キングレコード株式会社
企画・販売 株式会社ステレオサウンド

※CD及びDVD-ROMは対応プレーヤーでお楽しみ下さい。DVD-ROMのデジタル・ファイルはパソコンを使用した上で、対応機器(USB DACなど)でもお楽しみ頂けます。なお、本作品に映像コンテンツは収録されておりません。

『アーリー大瀧詠一』の聴き方
DVD-ROMに収録された192kHz/24ビットWAVファイルを本来のスペックで聴くには、パソコンにデータを取り込みます。取り込みにはDVD-ROMに対応したDVDドライブが必要です。その上で、下記のような対応機器でお楽しみください。

1.ハイレゾ対応ミュージックプレーヤーで聴く
2.ヘッドホンアンプで聴く
3.USB DACで聴く
4.USB DAC付プリメインアンプで聴く