[Japan Post] Resumption and temporary suspension of acceptance, delivery delays of mail items destined to various countries/territories (Updated on June 30)

Our acceptance of various international mail items has been temporarily suspended due to the novel coronavirus pandemic.
Meanwhile, we will resume acceptance of mail items as noted below from July 1.

  • EMS and parcel-post/letter-post items by surface destined to China
  • EMS and parcel-post/letter-post items by air destined to Italy and New Zealand
  • Parcel- post/letter-post items by surface destined to Indonesia
  • For details on the countries and territories to which acceptance of mail is still temporarily suspended as of July 1, please see the appendix below (PDF).

    appendix (As of July 1, 2020) (PDF file)

    We continue to temporarily suspend acceptance of mail items destined to these countries and territories because their postal operators are still not accepting inbound postal items and/or our transportation performance remains significantly reduced due to reduction of flights from/to Japan.
    Meanwhile, although dispatch of United States-bound items that have already been accepted will be completed soon, we continue to temporarily suspend acceptance of various mail items to the United States because we are unable to make any prospect for securing sufficient transportation capability for the time being.
    In addition, because of the global reduction of flights, considerable delivery delays are expected for accepted outbound mail items.
    We sincerely apologize for the inconvenience. It would be appreciated if you would kindly understand this situation in advance.

    300B book

    300B book

    Price: JPY3,000

    Quantity:

    Item description

    真空管の最高傑作「300B」の音と歴史
    『管球王国』掲載記事の集大成


    300Bは、1930年代に米国ウェスタン・エレクトリックが開発した伝説的な真空管です。現在も数多く生産され、300Bアンプは管球式アンプの中でも随一の人気があります。真空管の代名詞ともいえる直熱3極管300Bの歴史、構造そして音の魅力を、『管球王国』創刊以来の記事を集大成して解き明かす、オーディオファイル必携の一冊です。『管球王国』に掲載した解説記事、試聴記事を収録すると同時に、新規企画も掲載して300Bと300Bアンプの魅力に迫ります。






    CONTENTS
    カラーグラフィック 300Bアンプ  傅 信幸/吉田伊織
    カラー口絵
     実験工房12回/現行300B大研究  『管球王国』Vol.20 2001 Spring
     実験工房79回/300B真空管 16種をブラインド試聴  『管球王国』Vol.87 2018 Winter
     WE86とWE91  『ウェスタン・エレクトリック・サウンド・リスニング』2008

    1章 2020年版 設計者/研究家の300Bへの視点
     私と300B  是枝重治/新 忠篤/岡田 章
     WE文献から紐解く300B開発の真実  岡田 章
     300A/Bの能力を発揮させたWE86/91型とは  土井雄三

    2章 300Bの歴史と構造  岡田 章
     300A/B物語  『管球王国』Vol.20 2001 Spring
     300A/B物語2  『管球王国』Vol.21 2001 Summer
     続300B物語  『管球王国』Vol.37 2005 Summer
     300B現行管使用の心得  『管球王国』Vol.46 2007 Autumn
     300Bの魅力とは  『管球王国』Vol.74 2014 Autumn

    3章 300B試聴とトピック
     世界初!! 歴代の著名直熱3極管音質比較テスト  『真空管アンプ大研究』1995
     世界の名直熱管聴き比べ  『歴代名出力管』2000
     WE300B復刻管、ついに登場!  『管球王国』Vol.5 1997
     再生産された300Bは300Bオールドを凌ぐか?  『管球王国』Vol.6 1997
     実験工房12回/現行300B真空管大研究  『管球王国』Vol.20 2001 Spring、Vol.21 2001 Summer
     実験工房51回/300B新旧22種聴き比べ  『管球王国』Vol.59 2011 Winter
     実験工房79回/300B真空管 現行14種+WE2種ブラインド試聴  『管球王国』Vol.87 2018 Winter
     リチャードソン/セトロン300Bの製造について  『管球王国』Vol.7 1998
     高槻電器工業・真空管工場を訪ねる  『管球王国』Vol.66 2012 Autumn

    4章 WE名器研究と現代の最新アンプ試聴
     新旧の名器を聴く  『管球王国』Vol.1 1995
     WE91に秘められた配線術  杉井真人  『管球王国』Vol.22 2001 Autumn
     WE91Bアンプの神髄に迫る=オリジナル機とレプリカ機を聴く  『管球王国』Vol.72 2014 Spring
     300B最新アンプ23機[テーマ別]徹底試聴  『管球王国』Vol.91 2019 Winter

    5章 執筆陣のアンプ製作
     マイ・ハンディクラフト  『管球王国』Vol.7 1998
     上杉佳郎WE300BシングルNON-NF型パワーアンプTAP5の製作
     是枝重治WE300Bプッシュプル・モノーラルパワーアンプの製作

    6章 アンプクラフトと回路ノウハウ
     キットを「組む」愉しみ11回/WSI W.S.I.91Type  『管球王国』Vol.22 2001 Autumn
     キットを「組む」愉しみ17回/エイフル浅野 勇式300Bシングル  『管球王国』Vol.28 2003 Spring
     キットを「組む」愉しみ4回/カトレアWE300“櫻”MkIII  『管球王国』Vol.15 2000 Winter
     +回路図のやさしい読み方
     WE300Bシングル・アンプ その回路と音質の関連性を探る  『管球王国』Vol.7 1998


    300B book表紙について



     主題となる真空管のモデルは、ウェスタン・エレクトリックが 1950年代にUS NAVY(米国海軍)の通信機用に製造した300Bです(新 忠篤氏の所蔵)。300Bの左側には、WE業務用アンプの代わりに現代の300Bアンプを並べています。そして、裏表紙に描かれたレコードプレーヤーはフェアチャイルドのモデル412です。

     海辺のサマーハウスから見た窓越しの風景は、WE300Bが生産されていた1950〜60年代の旧き佳きアメリカ東海岸(フロリダ)をイメージしています。岸に舫(もや)われるのは、当時、歌手のフランク・シナトラや著名な映画俳優らが愛用したウッドボートで、左がハッカークラフト社のスピードボート(船体はマホガニー、デッキはチーク製。全長30ft)、右がクリスクラフト社のフィッシングボート。さらに後ろのオープンカーはシボレー・コルベット。いずれも当時の憧れの的でした。

     このイラストレーションを描いたのは、清水廣良さん。ボートやクルマの質感を忠実に書き上げる作風で、ヨットの専門誌「KAZI」でも活躍される方です。今回は、真空管の最高傑作と言えるWE300Bの美しさと力強さを描き上げていただきました。 (管球王国編集部 高橋)




    Specifications

    Released May 28, 2020