Please see the information below!
[ Temporary suspension of acceptance and delivery delays of mail items destined to various countries/territories ]

SINATRA AT THE SANDS | FRANK SINATRA (double "SACD single layer + CD" set) / シナトラ・ライヴ・アット・ザ・サンズ [SSVS-011/012(2枚組)]

SINATRA AT THE SANDS | FRANK SINATRA (double "SACD single layer + CD" set) / シナトラ・ライヴ・アット・ザ・サンズ [SSVS-011/012(2枚組)]

Price: JPY5,000

Stock:Available
Quantity:

Item description

"Sinatra at the Sands", the first live album by Frank Sinatra (1915-1998), has finally been released as a long-waited SACD---an ideal music medium to ensure high-quality sound---for the first time in the world. The package includes a single-layer SACD, and a CD for listeners who don't have an SACD player.

"Sinatra at the Sands" is a live album by Sinatra accompanied by Count Basie and his orchestra (conducted by that famed Quincy Jones!) recorded at the Sands Hotel in Las Vegas during the period of January 26 through 29, and on February 1, 1966. Among Sinatra standards performed in the total 10 shows during this period, 21 songs had been selected and made into the double album to be released in August 1966. After its release, the album won a place on the Billboard chart for 44 weeks, and was awarded as Gold Album, since then, through the past half century, as you know well, it has kept being a favorite of audio enthusiasts around the world.

The master source used for the disc is the cutting master that had been used for the analog record and been kept in the U.S. The four analog master tapes, which had been made respectively for each side of 2 LPs, have been digitized to PCM 192kHz/24bit resolution in the U.S. and transferred to the Sony Music Studios in Japan to make a DSD master. The mastering has been done by Koji Suzuki of the Sony Music Studios Tokyo, who is probably, as to mastering of SACD, one of the most experienced engineers in the world, and familiar to the customers of Seiko Matsuda's SACD released from Stereo Sound. While valuing the essence of the original master, he has done mastering with great care to make the disc the best possible quality so that it enables us to feel being in the live hall filled with feverish excitement. The included CD has been produced by applying the mastering process especially optimized for CD medium using the same DSD master with the SACD, hence even listeners who don't have an SACD player can enjoy the best sound quality we have sought for SACD. The green coating applied to the surface of the label, of both of the SACD and CD, also helps suppress diffuse reflection that occurs when the laser beam reads the signals, and make the sound quality even better.

Another big appeal of the package, as its thick plastic case indicates, is the accompanied content-rich booklet. The opening is the liner notes by Shoji Sugawara, the owner of the well-known Jazz Kissa (jazz music cafe) "Basie" that is located in Ichinoseki, Iwate prefecture and referred to as the one that boasts the best sounding in the world. The headline of the liner notes reads, exactly, "Gorgeous Sound". It begins as follows:

The beat and sound blaring from the album is just Gorgeous. What is really "America First"? This is it! Gee, I have to admit I was totally enthralled by it.
Because I've been listening to this album for more than 50 years,……(continues)

*Liner notes are written only in Japanese

We would like you to read the rest having the booklet on your hand, but as can be seen from Sugawara's uncharacteristic all-encompassing admiration, its recording, and needless to say the performances, are obviously outstanding. In addition, other contents contained in this 36-page-booklet are definitely worth reading: reprinting of the original liner notes by Stan Cornyn that were included in the limited revival edition paper-record-sleeves CD which is already discontinued and unobtainable; the enthusiastic commentary "Sinatra's 1965" (written in Japanese) by Yasuo Sangu, the head of Sinatra Society of Japan, Sinatra's sole fan club in Japan, that Sinatra authorized while he was still alive; the lyrics of all 21 songs(including the talk between performances) in both English and Japanese.

Thanks to the understanding and cooperation from the Frank Sinatra Foundation, the right holder of the master source, the UNIVERSAL MUSIC both in JAPAN and the U.S., and other concerned individuals and parties around the world, we have finally become able to release the world first SACD of such an eternal masterpiece, "Sinatra at the Sands". Please play it on your audio components and feel the "Gorgeous Sound" reproduced in front of you.



 フランク・シナトラ(1915-1998)初のライヴ・アルバム『シナトラ・アット・ザ・サンズ』が待望の世界初SACD化です。ディスク形態は、音質を徹底追求したシングルレイヤーSACD、加えてSACDプレーヤーをお持ちでない方のために同内容のCDをセットにした2枚組です。

 『シナトラ・アット・ザ・サンズ』は、フランク・シナトラがカウント・ベイシー・オーケストラ(指揮はあのクインシー・ジョーンズ!)を引き連れて、ラスヴェガスのサンズ・ホテルで行なったライヴを収録したアルバムで、録音日は1966年1月26〜29日、2月1日。この間に開催された計10回のショウから選りすぐりの21曲を2枚組LPに収めて、1966年8月に発売されました。発売後、44週ビルボードにチャートインしてゴールド・ディスクに認定、それから半世紀以上が経過したいまも、世界中のオーディオファイルの大定番であり続けているのは皆さんもよくご存じの通りでしょう。


 さて、今回のステレオサウンド版『シナトラ・アット・ザ・サンズ』のマスターとなったのは、米国保管のLP用カッティングマスター。レコードの各面(2枚組なのでA〜D面)用に分けて残されていた計4本のアナログマスターテープを米国でデジタル(PCM・192kHz/24bit)化し、DSDマスターは日本のソニー・ミュージックスタジオで制作しています。この最終の音づくりを手掛けたのは、弊社松田聖子SACD等ですっかりお馴染みとなった、世界を代表するエンジニアの鈴木浩二氏。おそらく世界でもっとも多くのSACDマスタリングを手掛けているであろう経験豊富な鈴木エンジニアが、いつものようにマスター音源を尊重した丁寧なマスタリングを実施し、あのライヴ盤の興奮を、そのまま1枚のSACDに封じ込めています。同梱されるCDのための音声には、SACD用のDSDデータをもとにして、CDの器に最適化したマスタリングを施していますので、SACDプレーヤーをお持ちでない方も弊社が追い求めるベストサウンドをご享受いただけることでしょう。レーベル面はともに信号読み取り用レーザーの乱反射を抑える効果があるとされるグリーンレーベルコート(音匠仕様)です。


 そして、今回、売りは音だけではありません。分厚いプラケースが物語るようにブックレットの充実ぶりも見過ごせません。まず、トップを飾るのは、世界一音のいいジャズ喫茶と称される、一関のジャズ喫茶「ベイシー」店主の菅原正二氏。このSACDのために書き下ろされたライナーノート原稿のタイトルはずばり『ゴージャスなサウンド』です。書き出しを少しだけご紹介すると、

 このアルバムから鳴り響くサウンドは豪華絢爛だ。本当の「アメリカ・ファースト」とはこんなところにあると言っていいぐらいのものだ。さすがにこれはちとかなわんと言っていいだろう。
 ぼくはこのアルバムを50年以上も聴き続けているので……(続く)。

 続きはぜひ実物を手にとってご覧いただきたいのですが、菅原正二さんにこれだけ書かせるのですから、演奏、録音ともに内容はもうお墨付きと言っていいでしょう。全36ページのブックレットには、この他に、現在廃盤で入手不可能となっている紙ジャケット限定復刻盤CDからの再掲載として、スタン・コーニンによるオリジナル・ライナーノートの翻訳、さらには生前のシナトラが唯一認めた日本のファンクラブ「Sinatra Society of Japan」代表の三具保夫氏によるもの凄くマニアックな解説「シナトラの1965年」、さらには全21曲分(途中のトークタイムまで含む)の歌詞・対訳が掲載されていますので、これだけでも大きな価値があると断言してしまいましょう。


 マスターの権利者である、米国フランク・シナトラ財団、日・米のユニバーサルミュージック、そして、日本のソニー・ミュージックスタジオ、その他、世界中の多くの関係者のご理解・ご協力の上で実現した、『永遠のオーディオ名盤の世界初SACD化!』。ぜひお手にとって、あなたのシステムで「ゴージャスなサウンド」を眼前に蘇らせてください。


収録曲
1. Come Fly With Me ( Sammy Cahn / Jimmy van Heusen ) [3:46]
カム・フライ・ウィズ・ミー
2. I've Got A Crush On You ( George Gershwin / Ira Gershwin ) [2:43]
アイヴ・ガット・ア・クラッシュ・オン・ユー
3. I've Got You Under My Skin ( Cole Porter ) [3:44]
アイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン
4. The Shadow Of Your Smile ( Johnny Mandel / Paul Webster ) [2:31]
いそしぎ
5. Street Of Dreams ( Sam M. Lewis / Victor Young ) [2:17]
ストリート・オブ・ドリームス
6. One For My Baby (And One More For The Road) ( Harold Arlen / Johnny Mercer ) [4:45]
ワン・フォー・マイ・ベイビー
7. Fly Me To The Moon (In Other Words) ( Bart Howard ) [2:49]
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
8. One O'Clock Jump (Basie Instrumental) ( Count Basie ) [0:54]
ワン・オクロック・ジャンプ
9. “The Tea Break” (Monologue) [11:52]
(モノローグ)
10. You Make Me Feel So Young ( Mack Gordon / Josef Myrow ) [3:19]
ユー・メイク・ミー・フィール・ソー・ヤング
11. All Of Me (Basie Instrumental) ( Seymour Simons / Gerald Marks ) [3:17]
オール・オブ・ミー
12. The September Of My Years ( Jimmy van Heusen / Sammy Cahn ) [2:58]
わが人生の九月
13. Get Me To The Church On Time ( Alan Lerner / Frederick Loewe ) [2:23]
時間通りに教会へ
14. It Was A Very Good Year ( Ervin Drake ) [4:01]
楽しかったあの頃
15. Don't Worry ‘Bout Me ( Ted Koehler / Rube Bloom ) [3:20]
ドント・ウォーリー・バウト・ミー
16. Makin' Whoopee ! (Basie Instrumental) ( Gus Kahn / Walter Donaldson ) [4:37]
メイキン・ウーピー
17. Where Or When ( Richard Rodgers / Lorenz Hart ) [2:57]
いつかどこかで
18. Angel Eyes ( Earl Brent / Matt Dennis ) [3:27]
エンジェル・アイズ
19. My Kind Of Town ( Sammy Cahn / Jimmy van Heusen ) [3:06]
わが町シカゴ
20. “A Few Last Words” (Monologue) [2:32]
(エンド・モノローグ)
21. My Kind Of Town (Reprise) ( Sammy Cahn / Jimmy van Heusen ) [1:00]
わが町シカゴ(フィナーレ)
クインシー・ジョーンズ(アレンジ、指揮)
録音:1966年1月26〜29日, 2月1日 ラスヴェガス、サンズ・ホテル(ライヴ)

マスタリングエンジニア:ソニー・ミュージックスタジオ 鈴木浩二
ライナーノート:ジャズ喫茶「ベイシー」店主・菅原正二、他


※本商品は同一内容の音源を、シングルレイヤーSACDとCDに収めたものです。それぞれ対応プレーヤーで再生ください。
※ステレオサウンド社独占販売品です。お求めは、ステレオサウンドストアおよび全国の有名オーディオショップをご利用ください。また、生産数限定商品のため、売り切れの際は何卒ご容赦ください。




Specifications

Released 21 December 2019
Format double "SACD single layer + CD" set