[ Temporary suspension of shipping destined to China ]

According to the information from JAPAN POST, considerable delivery delays are expected
for mail items to China excepting for Hong Kong and Macao.

As transportation performance has declined drastically since March 9 due to immigration restrictions on visitors from China to Japan
and restrictions on flights from/to that country, we are unable to make any prospect for dispatching items to China.

Therefore, shipping destined to China is to be temporarily suspended from March 13.

We will ship your item as soon as JAPAN POST's acceptance is resumed.
Thank you for your patience and understanding.

Tube Kingdom [Vol.92] 2019 SPRING

Tube Kingdom [Vol.92] 2019 SPRING

Price: JPY2,600

Stock:Available
Quantity:

Item description

発売日:2019年4月27日
雑誌コード:67969-85
ISBN:9784880734293


92号は巻頭特集、ヴィンテージ企画を通じてオーディオ用多極管を代表する真空管のひとつEL34の魅力を掘り下げます。EL34はギターアンプでも多く採用され、現行管の銘柄が豊富な点も魅力です。巻頭特集は「高性能オーディオ用出力管EL34/EL84最新アンプ 21機種の徹底試聴」です。シングルからパラレルプッシュプルまで幅広い構成の最新EL34アンプを試聴し、真空管の個性が存分に活かされた音を探ります。親しみやすい9ピン5極管EL84を出力管とするアンプも試聴します。ヴィンテージ関連企画は「ヴィンテージアンプのための出力管選び EL34/6CA7新旧15種をアルテック1568Aで聴く」。ヴィンテージ・パワーアンプで出力管を差し替えるために、どの銘柄を選べばよいか。EL34プッシュプル・モノーラル構成のアルテック1568Aで、現行/ヴィンテージ管EL34計15種を差し替えて音の変化を探ります。熟達した設計者によるアンプ製作を回路図とともに展開する「マイ・ハンディクラフト」では、交流点火方式採用の300Bシングル・パワーアンプが登場します。今号も経験豊かな本格派のオーディオファン必読の企画が目白押しです。

【主な内容】



高性能オーディオ用出力管EL34/EL84
最新アンプ21機種の徹底試聴

テスター=三浦孝仁/吉田伊織
真空管全盛時代の高性能管EL34とEL84を出力管とする多彩な構成のアンプ21機種を試聴し、5極管ならではのパワーと切れ味、繊細な表現力を兼ね備えた音の魅力に迫ります。

[試聴アンプ]
◎EL34インテグレーテッドアンプ=アムトランスTU8200TK ver.2 Modified by Amtrans、ファルコンサウンドFA105BLD、ヤーランド・ジャパンTJ88/34P、トライオードTRV35SER、カノアーオーディオTP134、オクターブV70SE、オーディオ・ノートOverture PM2
◎EL34パワーアンプ=ソフトンModel7、サンバレーSV-S1616D[多極管仕様]キット、サンバレーSV-P1616D[多極管仕様]キット、三栄電波AllargandoE34SS、エアータイトATM1S、ウエスギU・BROS2011M、EAR EAR 534、オーロラサウンドPADA、オーディオ・ノートDeparture
◎EL84インテグレーテッドアンプ=バトラーVacuum 6W II、トライオードPearl、ラックスマンSQ-N150、EAR EAR V12
◎EL84パワーアンプ=サウンドジュリアSJ6BQ5



ヴィンテージアンプのための出力管選び
EL34/6CA7新旧15種をアルテック1568Aで聴く

テスター=土井雄三/新 忠篤/岡田 章
ヴィンテージアンプ・ユーザーが劣化した出力管を新しい真空管に差し替えるならば、どの銘柄を選べばよいか。プッシュプル・モノーラルパワーアンプのアルテック1568Aで、出力管EL34を差し替えて試聴し、それぞれの銘柄の個性を明らかにします。銘柄も数多い現行管に加えてヴィンテージ管4種も試聴します。

[試聴真空管]
◎現行管=JJエレクトロニックEL34、エレクトロ・ハーモニックスEL34EH、JJエレクトロニック6CA7、プスヴァン(ヤーランド銘)EL34、エレクトロ・ハーモニックス6CA7EH、タングソルEL34B、ムラード(復刻)EL34、グルーブチューブGT-EL34M、グルーブチューブGT-EL34R、グルーブチューブGT-E34LS、テレフンケン(復刻)EL34
◎ヴィンテージ管=シルヴァニアEL34、テスラEL34、ムラードEL34、テレフンケンEL34



実験工房「最新MC型カートリッジ 新たな技術と感性で進化する価格30万円以下の22モデル聴き比べ」
テスター=新 忠篤/古屋 明
91号のMM系カートリッジ試聴に続き、価格30万円以下の最新MCカートリッジを試聴します。新しい考え方と技術で作られ、これまでにない音を聴かせる最新MCカートリッジの奥深い世界を探ります。

[試聴カートリッジ]
◎MC型=デノンDL103、スミコBlue Point Special EVO3/Lo、オルトフォンMC-Q20、オーディオテクニカAT33PTG/II、オルトフォンSPU Classic G MKII、フェーズメーションPP300、オーディオテクニカAT-ART9、クリアオーディオEssence MC、ZYX Ultimate 100、シェルターModel 901III、レガApheta2、ゴールドリングEthos、ベンツマイクロWOOD SL、リンKRYSTAL、EMT HSD006、フェーズメーションPP500、オルトフォンMC Cadenza Bronze、ダイナベクターXX2 MKII、イケダ サウンドラボズIKEDA 9TT、プラタナスPlatanus 3.5S、ミューテックRM-KAGAYAKI《耀》
◎光電型=DSオーディオDS-E1カートリッジ+専用イコライザー



「最新トーンアームの音質を検証する」
テスター=三浦孝仁
カートリッジを保持して音溝のトレースに重要な役割を担い、レコード再生の音に大きな影響力を持つトーンアーム。素材と構造、設計手法に工夫が凝らされた最新トーンアーム計8モデルを試聴し、個性が際立つ音質を徹底紹介します。リファレンス・アナログプレーヤーはオプション・アームベースが用意されてトーンアーム交換が行ないやすいラックスマンPD171Aです。

[試聴トーンアーム]
ジェルコTK850S、フィデリックス0 SideForce、オルトフォンRS212D、グランツMH9Bt、イケダ サウンドラボズIT345、ヴィヴ・ラボラトリーRigid Float CB7、SME SERIES V、ラックスマンPD171A標準搭載アーム



マイ・ハンディクラフト
『管球王国』筆者が熟達した設計による新作・管球式アンプを発表します。回路図、パーツリストとともに回路の詳細と製作過程を解説し、完成した実機を試聴インプレッションを交えて紹介します。

小池儀治◎300Bシングル・ステレオパワーアンプ山中湖「記憶」の製作
管球式アンプ・ブランドのカトレアを主宰する小池儀治氏が「マイ・ハンディクラフト」専用の「山中湖」シリーズを立ち上げ、初めて発表する300Bシングルです。フィラメント交流点火方式を採用し、電圧・電力増幅管6EM7による前段で300Bを力強く励振。高いS/N感を持ち腰の据わった柔らかい音色を聴かせます。無垢カリン材のシャーシ枠などカトレア・ブランドの美意識とノウハウが投入された個性豊かなアンプです。



2019春の注目新製品試聴
テスター=傅 信幸/高津 修/三浦孝仁/吉田伊織/新 忠篤/常盤 清
この春に登場する話題のニューモデルを試聴し、特徴と音質を検証します。今号は注目のプリアンプやフォノイコライザーのほか、ハイグレードなCDプレーヤーやD/Aコンバーターなどデジタル関連機器も充実です。



「クラングフィルムの歴史とドイツの名機たち」小林正信
「1945年のシステム」

第2次世界大戦の終結直後、1945年の末頃にクラングフィルムから「オイロダイン・トーンシステム」が登場しました。スピーカーは現代的なショートホーンと組み合わされたドライバーKL-L9301と、U字型ではなく壷型の磁気回路を持つウーファーKL-L9401で構成。アンプのKL-V9401は多極管を採用。そうした斬新な技術が盛り込まれたオイロダインをはじめとする1945年登場の機器と、当時の時代背景を解説します。

Specifications

Released 27.4.2019